ja/Projects

研究プラットフォームとしてのChordの実装。 現在は、権利関係上共同研究としての運用実験目的のみで配布。

特長:

  • 軽量言語による実装(Python)
  • 行志向CSVに基づくの平易なプロトコル
  • Chordを基礎アルゴリズムとして採用
  • TCP/redirectionによる通信の実装

運用実績:

  • 2004/03 WIDE研究会にて、LIN6の名前解決機構として利用 → ja/Publications

今後の予定:

  • 2005/03→05(DELAYED)
    • Version 0.2
      • 単純なミラーリング・よりシンプルなjoin/leaveプロセス
    • DNS-DHT相互接続機構(通称 Optimized Relay Zone)評価
  • 2005/09
    • Version 0.5
      • より頑健なミラーリング・近傍性の考慮
    • 近傍性考慮の評価
    • ONS応用大規模運用実験?
  • 2006/03
    • Version 1.0
      • コードの安定化・洗練化
      • 高速動作のためのモード (eager-cache mode)
    • bizantine faultに対処するための機構設計
  • 2007/03?
    • Version 2.0
      • Bizaintine faultへの対処

担当: 土井裕介 <ydoi@isl.rdc.toshiba.co.jp>


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2005-03-23 (水) 20:15:58 (5267d)